借金返済

ブラックリストとは

消費者金融などの金融業者からお金を借りるには、まず最初に借入審査に通らなければなりません。借入審査は業者によって甘いところもあれば厳しいところもありますが、審査自体はどの業者でも必ずあります。無審査キャッシングといった広告を出しているところは、それはクレジットカードの商品枠を使った現金化のことで、それはキャッシングとはいいません。

そして審査で活用するのが信用情報機関の登録データです。データには現在の借入状況や過去の取引履歴などが登録されていますので、金融業者はそのデーターを基に審査を実施するのです。

もしも、現在の借入状況が多重債務であった場合は、金融業者も融資をするにあたって慎重になりますし、過去に自己破産などをして事故情報(ブラックリスト)として登録されている方などは、より慎重にならざるを得ません。

率直に言いますと、ブラックリストとして登録されている方は、新規の借入は不可能と考えたほうがいいでしょう。まず審査には通りません。

なぜならば、自己破産をしたことによって借りたお金を返済せずに済ませているわけですから、お金を融資をする側からしてみれば信用度はゼロということです。したがって、どんなに酷い多重債務者よりも審査に通る可能性は低いということです。

審査に通る可能性

前述したように、事故情報(ブラックリスト)として登録されている方は、金融業者の審査に通る可能性はゼロといっても過言ではないでしょう。ただし、信用情報機関への登録は未来永劫続くわけではありません。

ある期間(5年〜7年)を経過すれば、抹消されることとなっています。その期間を過ぎれば、通常通りの審査が受けれるということです。

もしも現在、自分がブラックリストになっているかどうか心配な方は、信用情報機関へ情報開示を請求することで確認することが出来ます。