多重債務

多重債務に陥る理由

多重債務者とは、銀行や信販会社、消費者金融など複数の金銭賃借業者から、多額の借金をしている人を指します。

最初のうちは、計画通りに少額を借りていたものが、ついつい簡単にお金を手にできる快感に溺れてしまい、いつしか毎月の支払いが自分の収入を上回るという、惨憺たる状態が多重債務者の共通するところです。

人はお金がなければ無いでそれなりの生活が営むものですが、手元に打ち出の小槌のようなカードがあれば、ついつい手を出してしまうものが常です。

大手銀行系のカードローンでも、契約時に審査をするのみで、カードが発行された後の個別の借入については審査がありません。個人の自由ということです。それどころか、使えば使うほど信用も増えて貸付限度額も上がっていきます。

信販会社が発行するクレジットカードについても、殆どのカードはキャッシング機能がついてあり、お金を借りることも可能です。

このようにカード一枚でいとも簡単にお金を借りれてしまうことが、サラリーマンや主婦、自営業者などを中心に多重債務者が増加している要因なのです。

新規の借入ができない

多重債務に陥れば毎月の支払いが苦しくなるだけではなく、新規で借入をしようとしても警戒されて審査で落とされる可能性が高くなってきます。金融業者にとれば、いつ自己破産されるか分からない相手だから、警戒するのも当然のことでしょう。

相談

闇金融

そこで手を出してしまうのが、闇金融などの違法業者です。闇金融には法律はありませんので、多重債務者でも審査に通ってしまいます。と、いうより多重債務者を相手に融資をしているのが闇金融の実態です。

もちろん、違法業者ですので金利も上限金利を超えた貸出をしてきます。しかし、多重債務者は他に貸してくれるところがないため、このような闇金融に手を出してしまうのです。

こうなってしまえば、もう二進も三進もいかないことは明らかで、一刻も早くギブアップして債務整理を考えたほうが得策かと思います。

ご利用ガイド