消費者金融ブラック

信用情報機関の事故情報に登録された方

信用情報機関の事故情報に登録されている方をブラックリストと呼称します。

消費者金融などの金融業者は借入審査の際、必ず信用情報機関のデータを調査します。現在は勤務先への在籍確認や所在確認を省略して、信用情報機関のデータのみで審査をするweb完結が主流となっているほどです。

このデータには、現在の金融業者への取引情報や過去の借金履歴などがすべて網羅されています。したがって、現在の借入総額は年収の三分の一以上であったり、過去五年以内に自己破産などの債務整理をした人などは、事故情報(ブラックリスト)として登録されています。

そういったブラックリストになっている方は、ほぼ100%の確率で審査で落とされてしまいます。なぜならば、債務整理をしたような人は金融業者にとっては信用度がゼロなわけですから。

ブラックリストでは借りれない?

前述したようにブラックリストに登録中の方は正規の金融業者では絶対審査には通りません。通るとすれば、貸金業登録をしていないヤミ金融のみとなりますが、非合法な金利を要求されますし、支払いが滞ると過酷な取り立てを受けることは覚悟されていたほうがいいと思います。

余程の事情がない限り、こういった業者とは取り引きをしないほうが得策でしょう。

幸い、個人信用情報機関の事故情報(ブラックリスト)は5年から7年で抹消されますので、抹消されるのを待って審査に受けるようにしましょう。

おまとめローンの活用

今ある借金総額の支払いが苦しいのなら、おまとめローンを活用して減らしていくして方法はありません。そうすれば、金利がお得になりますし、何よりも毎月の支払いも楽になります。

銀行系の消費者金融でもおまとめローンはありますが、審査基準が厳しいので審査に通る可能性は低いと言わざるを得ません。多重債務者への融資の確率は皆無といってもいいでしょう。

信販会社

そこで注目すべきは、大手より規模の小さい中小の消費者金融です。審査の甘いおまとめ商品を出している金融会社を探して、審査を受けるようにすると融資に至る確率はグンとアップします。

そういった金融会社は口コミ掲示板などを活用すれば、意外と簡単に融資先が見つかりますよ。

最終更新日 2017.8.2

ご利用ガイド